【台北共同】台湾の行政院(内閣)の報道官は18日、東京五輪に合わせた唐鳳(オードリー・タン)政務委員の日本派遣を取りやめると発表した。新型コロナウイルスの感染対策として国際オリンピック委員会(IOC)が開会式の出席者を制限し、出席できなくなったためとした。

 報道官によると、IOCが14日、各国の出席者を国家元首級に限定すると通知した。唐氏は閣僚級。

 唐氏はツイッターに「今後機会があれば、また日本を訪問し、台湾と日本の交流に貢献したいと願っています」と日本語で書き込んだ。

 台湾政府は10日に政府代表として唐氏の派遣を発表していた。