GMO&サマンサ・カップ最終日(18日・茨城県イーグルポイントGC=6657ヤード、パー72)33歳の若林舞衣子が1打差2位から5バーディー、2ボギーの69で回って通算15アンダー、201とし、野沢真央とのプレーオフを2ホール目で制した。2017年3月以来の通算4勝目で、19年4月の出産後初優勝。

 賞金1800万円を獲得した。プレーオフで敗れた前週から最終ラウンド13番まで85ホール連続ボギーがなく、ツアー最長記録を更新した。

 首位から出た24歳の野沢は初勝利を逃した。イ・ミニョン(韓国)が1打差の3位。