東京五輪での活躍が期待されるバドミントンの日本代表が18日、選手村のある東京・晴海で記者会見し、男子シングルス世界ランキング1位で金メダルの期待が高い桃田賢斗(NTT東日本)は「自分ができることを精いっぱい表現していけたらいい」と初の大舞台へ意気込みを語った。

 前回のリオデジャネイロ大会は違法賭博問題が発覚し不参加。「自分一人ではここまで来ることができなかったと思う。感謝の気持ちを持ってプレーしたい」と述べた。

 女子のシングルスでリオ五輪銅メダルの奥原希望(太陽ホールディングス)は「とても楽しみでわくわくしている」と気持ちを高ぶらせた。