河野太郎行政改革担当相は18日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチン接種の達成率について、最終的には国民の6割以上になるとの見通しを示した。「多くの国で接種率が約6割に達してから横ばいとなる傾向にある。日本もそこまではいける」と述べた。さらなる上積みには、若者の積極的な接種が課題だとした。

 同時に「接種した女性は不妊になる」などの誤ったインターネット情報を信じ、接種に不安を感じる若者が多いと指摘。「プラットフォーム側に対応してもらう必要がある」と強調した。

 政府集計によると、2回の接種を終えた国民は16日時点で約2576万人、接種率は20・3%。