36人が死亡した京都アニメーション放火殺人事件は18日、発生から2年を迎えた。同社は、現場となった京都市伏見区の第1スタジオ跡地で追悼式を開いた。八田英明社長は「優秀な仲間がこの地に集まった。皆、輝いていた。あなたたちを忘れることはない」と弔辞を述べた。

 同社の代理人弁護士によると、遺族ら約70人が参加し1分間の黙とうをささげた。

 事件発生時刻の午前10時半に合わせ、「ユーチューブ」の同社公式チャンネルでも追悼映像を公開。遺族からの「どんなに時が流れようとも涙は止まらずいとおしさは増すばかり。ただ、ただ、会いたい」とのメッセージが紹介された。