【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは17日、国際オリンピック委員会(IOC)の柳承敏委員が日本に入国後、新型コロナウイルスに感染していることが分かったと報じた。

 聯合によると、成田空港に到着後、感染が判明し、ホテルで隔離措置を取っている。出発前に検査を2回受け、いずれも陰性と診断された。ワクチンも2回接種済みで症状はないという。柳氏はアテネ五輪の卓球男子シングルスで優勝した経験を持つ。