自民党の野田聖子幹事長代行は17日、岐阜市で開いた自身の政治資金パーティーで「次の総裁選を目指して頑張りたい。多様性のある自民党をお見せできると願って精進する」と述べ、次期総裁選への立候補に改めて意欲を示した。終了後の記者団の取材に対し、党員・党友投票が実施されるとの見通しを示した上で「推薦人を頑張って集めれば、理解してくれる女性党員がいる」と自信を示した。

 菅義偉首相が総裁選に立候補する意向を明言したことについては「自民党の国会議員は誰でも立候補できる権利を持っている。現職がそう言うのは普通のことだ」と語った。