第103回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は17日、各地で行われ、沖縄大会の準決勝では選抜大会で2度の優勝を誇る沖縄尚学と、中部商が勝って18日の決勝に進んだ。

 宮城大会では今春の選抜大会で8強入りした仙台育英が仙台商に2―3で競り負け、4回戦で姿を消した。2019年の第101回大会覇者の履正社(大阪)は1回戦を突破した。