自民党の二階俊博幹事長は17日、前橋市で二階派の中曽根康隆衆院議員=比例北関東=の後援会会合に出席し、次期衆院選群馬1区での擁立を念頭に、支持を呼び掛けた。「日本のリーダーをつくり上げるために気合を込めてほしい。私どもも党内で力を尽くす」と述べた。群馬1区には現職で細田派の尾身朝子氏が立候補予定で、公認争いが激しくなりそうだ。

 二階氏は中曽根氏に関し「群を抜いて将来を嘱望される存在だ」と強調。同席した二階氏側近の林幹雄幹事長代理も「公認が決まっているなどというのはでたらめだ。強い候補が選挙区で戦うのが道理だ」と主張し、中曽根氏を後押しする考えを示した。