ソフトボールの日本代表が17日、野球・ソフトボールの主会場となる横浜スタジアムで公式練習を行った。冒頭の30分間のみを公開し、男子投手の球を打ち込むなどした。夕方で強い照り返しがある中、選手たちは元気な動きを見せ、宇津木監督は「すごく集中している。国内だし、暑さの準備はできている」と話した。

 前日16日はナイター練習を行っており、18日は日中に非公開で練習する予定。横浜スタジアムで3日間行われる公式練習に全てエントリーしたのは出場6チームのうち日本だけだった。宇津木監督は時間帯によって表情を変える球場を意識し「配球も変えていかないといけない」と話した。