鹿児島市は17日、東京五輪の合宿のため同日鹿児島入りしたラグビー7人制男子の南アフリカ選手団の1人が、新型コロナウイルスのスクリーニング検査で陽性だったと発表した。市内の病院で再検査し、陽性かどうか確定する。17日に予定していた練習は中止した。選手団は成田空港到着後の検疫で、搭乗機に感染者がいたため14日の鹿児島入りを保留し、首都圏で市保健所の調査を終えたばかりだった。

 他の選手らは検査結果が出るまでホテルの個室で待機する。選手団は21人で入国し、機内で濃厚接触者と判定されたスタッフ1人を除く20人が17日、2便に分かれて鹿児島入りした。