日本列島各地で梅雨明けが進み、夏の暑さが到来している。新型コロナウイルス禍で昨年からマスクが欠かせない日常が続く。厚生労働省と環境省は、高温多湿の中でのマスク着用は熱中症リスクが高まる恐れがあると指摘。体が暑さに慣れていないこの時期は、こまめに水分・塩分を補給するなどの対策が必要だ。

 マスク着用で皮膚から熱が逃げにくくなったり、気付かないうちに脱水症状を引き起こしたりするなど、体温調節が困難になる恐れがある。屋外で人と2m以上離れていれば、マスクを外すことも推奨。着用時は激しい運動を避け、喉が渇いていなくても、こまめな水分補給を心掛けることが特に重要だ。