【ケルン、ブリュッセル共同】ドイツとベルギーを襲った洪水の死者は、DPA通信によると17日までに150人を超えた。ドイツでは依然として100人近くが行方不明で、軍や消防が救助活動を続けた。死者はさらに増える恐れがある。

 被害が特に大きかったドイツ西部ラインラント・プファルツ州などの川沿いの町では、河川の氾濫で家屋が倒壊、至る所で木材などのがれきの山が見られた。

 同州のレーウェンツ内相は16日「最終的な犠牲者数は何とも言えない」と話した。

 ベルギーメディアによると、同国でも約20人が行方不明。デクロー首相は16日「わが国では前例のない状況だ」と述べた。