【アナハイム共同】米大リーグは16日、各地で後半戦がスタートし、エンゼルスの大谷がアナハイムでのマリナーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場し、3―6の九回に2点適時打を放ち、5打数1安打2打点、2三振だった。試合前にリーグ単独トップだった本塁打数は33で変わらなかった。チームは5―6で敗れた。

 レッドソックスの沢村はヤンキース戦で3―0の六回途中に2番手で登板し、1/3回を無安打無失点で4試合連続無失点とした。チームは4―0で勝った。

 レッズの秋山はブルワーズ戦で5―6の六回に代打で死球だった。守備には就かず、チームは6―11で敗れ、連勝が3で止まった。