国際オリンピック委員会(IOC)は17日、東京都内のホテルで理事会を開催し、大会組織委員会が23日開幕の東京五輪に向けた準備状況を報告した。橋本聖子会長は報告後の記者会見で「IOCからは準備の状況を評価いただき、ねぎらいの言葉をいただいた」と述べた。新型コロナウイルスの感染再拡大で状況が緊迫する中、連携を改めて確認した。

 会見で橋本氏は、18日に国際オリンピック委員会(IOC)関係者を迎賓館に招き、歓迎会合を開く意向を示した。感染状況については「万全の態勢で、クラスター(集団感染)が発生しないように努力している」と強調した。