【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(27)が16日、本拠地アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたマリナーズ戦前に6月の月間最優秀選手の表彰式に臨んだ。

 月間自己最多の13本塁打を放ち、メジャー4年目で初受賞した。マドン監督からトロフィーを受け取り、ホームのファンの祝福を受けていた。監督はオールスター戦期間中の活躍に触れ「本塁打競争では誰よりも飛ばしていた。100マイル(約161キロ)の速球も投げていたし、見ていてうれしかった」と述べた。

 ファンクラブ代表のデーブ・ポラード氏は「謙虚で礼儀正しい。世界中の子どもたちの模範になる」と語った。