【ベルリン共同】ドイツとベルギーで起きた洪水で、ドイツメディアは16日、両国の死者が129人になったと報じた。河川の氾濫で家々が倒壊した川沿いの町では木材が散乱。約10万人が電気を使えない状況で、住民の疲労は色濃くなっている。

 ドイツの被害は西部ラインラント・プファルツ州と、隣接するノルトライン・ウェストファーレン州に集中し、それぞれの州でこれまでに63人、43人の死亡が確認された。隣国ベルギーでも23人が犠牲になったと報じられた。

 消防当局や軍が複数のヘリコプターを投入するなど懸命の救助活動を続けるが、16日も犠牲者が次々と見つかった。