【カンヌ共同】パリのエッフェル塔が16日、新型コロナウイルスの流行「第2波」の規制で昨年10月末に閉鎖して以来、約8カ月半ぶりに再開した。待ちわびた観光客らが「鉄の貴婦人」の異名を持つ首都のシンボルからの眺めを楽しんだ。

 地元メディアによると、運営会社トップは「パリ観光が再び活気づく。世界中からの訪問者と幸せを分かち合える」と喜んだ。ただエレベーターの利用人数を通常の半分に制限するため、入場者は1日最多1万3千人と見込む。新型コロナの世界的流行の前は1日約2万5千人が訪れていた。