16日午後11時ごろ、東京都千代田区霞が関1丁目の中央合同庁舎6号館の10階で、机1台とパソコン2台が燃えるぼやがあった。検察庁が入るビル。けが人はなかった。関係者によると、このフロアには東京地検特捜部が入っている。

 警視庁丸の内署によると、燃えたパソコンの電源コードに焦げた跡があった。何らかの原因で断線し、発火した可能性があるとみて調べている。署は17日、ぼやのあった部屋を実況見分した。

 119番で出動した消防隊が駆け付けた際は白煙が立ち込め、スプリンクラーが作動していた。約50分後に消し止められた。

 現場は日比谷公園に近く、中央省庁が立ち並ぶ官庁街。