立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は16日、憲法53条に基づく臨時国会召集の要求書を大島理森衆院議長に提出した。新型コロナウイルス、豪雨災害への対応を理由に「早期召集は不可欠」とした。政府、与党は早期召集に応じない方向だ。東京五輪・パラリンピック開幕を目前に控え、政府はコロナ対策に集中すべきだと判断。衆参の閉会中審査開催で野党の理解を求める。

 自民党の森山裕国対委員長は取材に、コロナ対応や2022年度予算案の概算要求作業を挙げ「いま臨時国会を開く必要性があるのか。慎重に判断する」と述べた。