東京五輪のサッカー男子日本代表は本番前最後の強化試合として、17日午後7時20分からノエビアスタジアム神戸で金メダル候補のスペイン代表と対戦する。16日は試合会場で最終調整し、公開された冒頭では久保建(レアル・マドリード)や吉田(サンプドリア)らがパス回しなどで体を温めた。三笘(川崎)は別メニューで調整した。

 森保監督はオンラインで「われわれも金メダルを目指しているので、同じ目線で戦ってほしい。世界のトップレベルとの戦いで刺激を受け、東京五輪に向けて自信としたい」と抱負を述べた。

 日本は22日に南アフリカとの1次リーグA組初戦に臨む。