政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は16日、記者会見を開き、東京などで感染が急拡大しているとして、夏休み中の都道府県境を越えた移動を控えるよう呼び掛ける談話を発表した。東京の新規感染者数が3日連続で千人を超えたことに触れて「感染拡大のルートに乗っている。新型コロナとの闘いで、まさにヤマ場と考えている」と危機感を表明した。

 夏休みやお盆、東京五輪などが重なる7~8月の感染抑制を訴えた。IOCのバッハ会長が、感染状況が改善すれば観客ありでの五輪開催を要望したことについて記者から問われ「われわれの普通の判断では(可能性は)ない」と答えた。