【シカゴ共同】米フォード・モーターは15日、自動車見本市シカゴオートショーで、来年春に生産開始予定のピックアップトラック型の電気自動車(EV)「F―150ライトニング」を一般公開した。Fシリーズは米国で40年以上にわたり最も売れている車種で、EVが普及するかどうかを占う試金石となる。

 ファーリー最高経営責任者(CEO)は今年5月の発表時、自動車の大衆化に道を開いた自社の「T型」やトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」、米テスラの量販EV「モデル3」と並び、業界の歴史を変える「ゲームチェンジャーになる」と宣言した。