東京都は16日、東京五輪・パラリンピックの開催に向け、小池百合子知事を本部長として全ての部署を横断する「東京2020大会開催都市本部」を設置し、第1回会議を開いた。選手ら大会関係者向けの新型コロナウイルス対策や国内外の報道機関に対する都の魅力発信などを確認した。

 会議は小池氏ら一部の幹部を除き、オンラインで開催。小池氏は「アスリートが安全安心な環境でベストなパフォーマンスを発揮できるよう、できるだけ都民の生活に影響を与えないように一丸となって取り組もう」と述べた。

 会議では大会関係者向けの保健所機能拠点について説明。人出を抑えるための取り組みも協議した。