気象庁は16日、関東甲信と東北で梅雨明けしたとみられると発表した。平年より関東甲信が3日、東北南部が8日、東北北部が12日、それぞれ早い。いずれの地方も向こう1週間、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

 同庁によると、昨年よりは、関東甲信が16日、東北南部が17日早かった。東北北部(青森、秋田、岩手各県)は昨年、8月に入っても曇りや雨の日が続き、梅雨明けの時期を判断しなかった。

 今年の梅雨期間の総降水量は、関東甲信で前橋市、千葉市、東京都心部、甲府市などで平年を大きく上回った。

 東北は秋田市が平年値を上回った