16日午前7時半ごろ、大阪市中央区島之内2丁目で「解体現場の足場が崩れて重機が倒れた」と通行人から119番があった。大阪市消防局や南署によると、重機の中に閉じ込められた40代の男性作業員を駆け付けた消防隊が救出した。男性はけがをして搬送されたが、意識はあるという。

 署によると、重機のあった建物では解体工事が進んでいた。重機は電線を巻き込み、向かい側の建物に接触した。署は原因を調べる。

 近くの駐車場にいた建設作業員宮崎剛さん(52)は「雷かと思うくらいの大きな音が聞こえた。もし下にいたらと思うと怖い」と不安げに現場を見つめた。