【サンドイッチ(英国)共同】男子ゴルフのメジャー最終戦、全英オープン選手権は15日、英国南東部サンドイッチのロイヤルセントジョージズGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、金谷拓実は2バーディー、2ボギーで回り、1イーグル、2ボギーだった永野竜太郎とともに70で首位と6打差の48位につけた。

 東京五輪代表の星野陸也は3バーディー、7ボギーの74で127位と出遅れた。木下稜介は72で91位、稲森佑貴は75で137位。今年の全米プロ、全米オープンの両選手権で2位のルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)が64で単独首位に立った。