【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)欧州委員会は15日、性的少数者(LGBTなど)の基本的権利を侵害しているとして、東欧の加盟国ハンガリーとポーランドに対する法的手続きに入ったと発表した。両国に2カ月以内の返答を求め、対応次第ではEU司法裁判所への提訴も辞さない構えだと警告した。

 ハンガリーでは、強権的で保守的価値観を掲げるオルバン首相が率いる与党が、学校教育や広告で18歳未満の目に触れる形で同性愛を扱うことを禁じる法案を提出、今月施行された。

 ポーランドでは2019年以降、複数の自治体が「LGBTフリーゾーン」として排除を公然と宣言した。