【ワシントン共同】バイデン米大統領とドイツのメルケル首相は15日、ホワイトハウスで会談した。専制主義と位置付ける中国やロシアをにらみ、民主主義陣営の連携と、トランプ前大統領時代に揺れ動いた米欧同盟の立て直しで一致。米独両政府は関係強化の道筋を示す「ワシントン宣言」も発表した。

 会談後の共同記者会見で、バイデン氏は「中国などが自由で開かれた社会を弱体化させようとすれば、民主主義の原則や普遍的な権利のため立ち上がる」と強調。メルケル氏は「中国が多くの分野で競争相手だとの共通認識を得た。貿易は公平な競争の場を前提とする必要がある」と語った。