プロ野球の若手選手が出場するフレッシュオールスターゲームが15日、松山市の松山中央公園野球場で行われ、イースタン・リーグ選抜が3―1でウエスタン・リーグ選抜に競り勝った。通算成績はウエスタン選抜の29勝21敗6分けとなった。

 昨季は新型コロナ感染拡大で中止になっており、2年ぶりの開催だった。MVPにはイースタン選抜の内山壮(ヤクルト)が選ばれた。

 イースタン選抜は三回に内山壮のソロで先制し、八回に小川(ロッテ)の適時三塁打、九回に元山(ヤクルト)の適時内野安打で加点。ウエスタン選抜は八回に小野寺(阪神)の適時打で1点を返した。