【ロンドン共同】英国オリンピック委員会は15日、東京五輪でサッカー女子代表の選手らが試合開始前に片膝をつき、人種差別への抗議の意を表すると発表した。表彰式や競技会場で政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じる五輪憲章50条の規制が一部緩和され、東京五輪では一定の条件下で、こうした表現行為は可能だ。

 同代表のリーセ監督は声明で「われわれは人種差別や差別に対する問題意識を高めるため、できることは何でもすると一致団結している」と強調した。

 米国での白人警官による黒人暴行死事件を契機に、選手が抗議行為をできるよう50条の撤廃や見直しを求める議論が高まっていた。