Jリーグは15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場チームが加わって行われるYBCルヴァン・カップ準々決勝の組み合わせ抽選を行い、前回覇者のFC東京は札幌と、J1で首位を独走する川崎は浦和と対戦することが決まった。他カードは名古屋―鹿島、C大阪―G大阪。

 ホームアンドアウェー方式の準々決勝は9月1日と5日に、準決勝は10月6日と10日に、一発勝負の決勝(会場未定)は同30日に実施される。