自民党の河村建夫元官房長官は15日、同党参院議員の林芳正元文部科学相が自身の地元・衆院山口3区へのくら替え出馬を表明したことに反発した。党本部で記者団に「議席死守に全力を尽くす」と明言。今後は両氏の公認争いが焦点で、党執行部の対応に注目が集まる。双方が引かず、直接対決する自民分裂選挙となる可能性がある。

 河村氏は「党公認として議席を守る使命感に燃えている」と訴えた。くら替え理由を首相の座に挑む「一つのハードル」とした林氏に対し「衆院でも参院でも首相になれる」とけん制した。河村氏が所属する二階派を率いる二階俊博幹事長は林氏の対応を批判している。