東京五輪の開幕を23日に控え、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と東京都の小池百合子知事が15日午後、都庁で会談した。小池氏は安全安心な大会の実現に向け、新型コロナウイルスの感染防止策をまとめた規則集「プレーブック」の内容が関係者に徹底されるようIOCの協力を求めた。

 冒頭、バッハ会長は15日が誕生日の小池氏に花束をプレゼントして祝福。小池氏は「はるばる世界から来られる方々の健康と命を守っていきたい」と述べ、新型コロナウイルス対策に万全を期す考えを強調。選手たちが力を出し切れる環境づくりを進め「大会を希望の明かりとして世界に届けたい」と語った。