東京都議会の各会派代表者らが15日に会合を開き、4日投開票の都議選の選挙期間中に無免許運転で人身事故を起こし、事故を公表せず再選した木下富美子都議に対する辞職勧告決議案を提出する方針を決めた。都議選で木下氏を公認していた小池百合子知事系の「都民ファーストの会」も提出に同調し、23日の臨時会で可決の見通し。決議には法的拘束力はない。

 木下氏は板橋区選挙区で都民ファから出馬し、定数5のうち3位で2回目の当選を果たした。無免許運転の発覚後に都民ファから除名処分を受け、今月6日に1人会派を結成している。