東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し、松永真菜さん=当時(31)、長女の莉子ちゃん=同(3)=が死亡した事故の公判が15日、東京地裁であり、検察側は、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(90)に、同罪の法定刑で最も長い禁錮7年を求刑した。飯塚被告は「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶はない」と改めて無罪を主張し、結審した。判決は9月2日。

 検察側の論告に先立ち、代読を含め遺族7人が意見を陳述。真菜さんの父上原義教さん(63)は「2人を返してくれ。自分の犯した罪に向き合ってほしい」と訴えた。