【北京共同】中国国家統計局が15日発表した2021年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質で前年同期比7・9%増だった。新型コロナウイルス流行による打撃からの回復傾向が続いた。5四半期連続のプラス成長となった。前期比では1・3%増だった。

 増加率は、前年のマイナス成長の反動で過去最高を記録した1~3月期(18・3%)から半減した。4月以降は半導体不足や国際的な原材料価格の高騰など、調達面の混乱が顕在化しており、今後の安定した経済運営の重要課題となる。