参院内閣委員会は15日、新型コロナウイルスを巡る閉会中審査を開いた。西村康稔経済再生担当相は酒類提供停止の要請に応じない飲食店に対する政策の混乱を改めて謝罪した。酒類販売事業者向け支援金の給付要件として、酒類提供をやめない飲食店との取引停止を求めた文書作成の具体的な過程は明らかにせず、発出は「最終的には私の責任で行った」と述べた。辞任は改めて否定した。

 文書を急きょ廃止した理由は「酒類販売事業者の厳しい状況や事業継続に不安を持っていることを真摯に受け止めた」と説明した。立憲民主党の塩村文夏氏に対する答弁。