国宝・松江城の堀で、ビアガーデン船の運航が始まった。企画した松江市観光振興公社は「0次会遊覧船」と銘打っており、夏の観光シーズンが本格化し始める中、新型コロナウイルス禍で厳しい経営環境が続く飲食店への波及効果も狙う。3~8人で予約でき、1日当たり3組まで。

 実施初日となった14日。松江市の40代男性ら3人は仕事帰りの午後6時ごろ、屋根付きの小さな船に大手前広場乗船場から乗り込み、飲み会を楽しんだ。制限時間は30分間。座り込んだ3人は口元のマスクを上げ下げしながら、よく冷えた地ビールを喉に流し、笑顔をのぞかせた。使い捨てコップを1杯ごとに替える決まり。