【サンパウロ共同】ブラジルのボルソナロ大統領は14日、首都ブラジリアの軍病院で腸閉塞との診断を受け、最大都市サンパウロの病院に搬送された。追加検査の結果、手術はせず入院治療を受けることになった。

 現地メディアによると、ボルソナロ氏は10日以上前からしゃっくりが続いていた。腹痛もあり14日に軍病院に検査入院していた。

 同氏は選挙運動中の2018年に暴漢に腹を刺され、就任後に何度か手術を受けている。腸閉塞は、過去の手術が影響した可能性がある。

 ボルソナロ氏は自身のツイッターに「皆の支援と祈りに感謝する」などのメッセージと治療を受ける自身の写真を投稿した。