【シカゴ共同】米国で新型コロナウイルス流行後初の対面開催となる自動車見本市シカゴオートショーの報道機関向け公開が14日に行われた。シカゴ中心部の大型展示施設内に加え、隣接する路上なども活用。米欧や日本の主要ブランドのEVやSUVなど注目車種がずらりと並んだ。一般公開は15日から19日まで。

 「戻ってこられてうれしい」。欧州ステランティス傘下ジープの幹部はトップバッターで記者会見し、四輪駆動のプラグインハイブリッド車をアピールした。米フォード・モーターは主力ピックアップトラックのEV版を披露。ドイツのフォルクスワーゲンや日産自動車も新型EVを展示した。