【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は14日、予想を超えるインフレの兆候が表れた場合は「適切に金融政策のスタンスを調整」して対応する用意ができていると述べた。インフレ率は「今後数カ月は高止まりする可能性が高い」との認識も示した。

 米議会下院のオンライン公聴会で証言した。景気が急回復する米経済では物価上昇率がFRBが目標とする2%を大幅に突破。6月の消費者物価指数は前年同月比で5・4%上昇した。

 パウエル氏は、足元の物価上昇が「予想よりも高く、少しだけ持続している」としつつ、供給面での制約が解消されれば「緩やかになる」と強調した。