【ワシントン共同】米政権は14日、バイデン大統領が16日にオンラインで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)の非公式首脳会議に参加すると発表した。「自由で開かれたインド太平洋」戦略を強調する方針だとし、巨大経済圏構想「一帯一路」などを通じて影響力を広げる中国への対抗を示唆した。

 タス通信によると、ロシアのプーチン大統領も参加する。会議は新型コロナウイルス対応や世界経済の回復などがテーマ。

 ホワイトハウスは声明で「大統領の参加はインド太平洋地域における米国のリーダーシップと多国間枠組みに対する関与を示すものだ」と強調した。