新型コロナウイルスワクチンの接種が進む中、副反応の痛みや発熱を抑える効果がある解熱鎮痛剤の一部が、ドラッグストアで品薄になる事例が出ている。ニーズが集中しているのはアセトアミノフェンという成分を含む製品。厚生労働省は「他の成分の解熱鎮痛剤でも対処できる」と呼び掛ける。

 ワクチン接種後は、頭痛や発熱、接種部位の痛みなどの副反応が報告されている。対処法として厚労省は、アセトアミノフェン、ロキソプロフェン、イブプロフェンなどを含む市販の解熱鎮痛剤が使えるとホームページで周知した。

 ただ、ツイッターでは「アセトアミノフェンが効くと聞いた」といった投稿が相次ぐ。