【ニューヨーク共同】米大リーグで「野球の神様」と称され、投打の「二刀流」でプレーしたベーブ・ルースの孫娘リンダ・トセッティさん(66)が14日までに電話取材に応じ、13日のオールスター戦で投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平(27)に「素晴らしい活躍。祖父を追い掛けるのではなく、彼自身の道を歩んでほしい」とエールを送った。

 トセッティさんはルースの養女ドロシーさんの娘。大谷がメジャーデビューした2018年から存在を知り、野球好きの夫との会話でも話題に上がるという。

 祖父のように「野球の華」とされるホームランを量産する姿に目を細めた。