【サンパウロ共同】ブラジルのボルソナロ大統領は14日、首都ブラジリアの軍病院に入院した。しゃっくりが止まらない症状があり、原因を調べるという。大統領府が発表した。ブラジルメディアによると約10日前からしゃっくりが続いているほか、腹痛も訴えている。

 ボルソナロ氏は14日に予定されていた三権の長による会議などをキャンセル。同氏は選挙運動中の2018年に暴漢に腹を刺され、就任後も何度か手術を受けている。