【ワシントン共同】米労働省が14日発表した6月の卸売物価指数は、モノとサービスを合わせた総合指数が前年同月より7・3%上がり、比較可能な2010年11月以降で最大となった。5月の上昇率は6・6%だった。

 新型コロナウイルス禍からの経済活動再開による需要拡大に対して供給が制約されたことや、原材料価格の高騰などが要因。前年同月は新型コロナ流行で経済活動が停滞していたため、大きな伸びになった。卸売物価指数の前月比(季節調整済み)は1・0%上がり、上昇幅は前月の0・8%を上回った。