ヤクルトは4―4に追い付かれた直後の四回にオスナの適時打で1点を勝ち越した。六回にはオスナの3ランでリードを広げた。2番手のスアレスが2回無失点で3勝目を飾った。巨人は2試合連続で2桁失点を喫した。