自民党の二階俊博幹事長は14日、来日した韓国の韓日議員連盟の金振杓会長らと党本部で会談し、23日の東京五輪開会式に合わせた文在寅大統領の来日を要請した。金氏らは「今、検討しているところだ」と応じた。二階、金両氏らは関係改善に向け、直接対話を継続することの重要性も確認した。同席した超党派の日韓議員連盟幹事長の河村建夫元官房長官が記者団に明らかにした。

 韓国側は文氏が来日する場合、本格的な首脳会談開催を求めているのに対し、日本側は開会式に出席する他国の首脳と同様、文氏も短時間会談にとどめたい考えで、立場に隔たりがある。