日本テニス協会は14日、女子の二宮真琴(エディオン)が新たに東京五輪ダブルスの出場権を獲得したと発表した。27歳の二宮は初の五輪代表となり、シングルスで既に出場を決めていた日比野菜緒(ブラス)とペアを組む。

 上位で欠場する選手が出たために繰り上がり、国際テニス連盟(ITF)から通知があった。

 日本は男子で錦織圭(日清食品)ら5人、女子で大坂なおみ(日清食品)ら最大6人が出場権を手にした。